2 オシッコ事件


 

トイレは、すぐに覚えてくれた。
トイレ以外で用を足すこともなく、おりこう♪と思っていたのだが…
ある日、だ〜りんがコタツで使っていたパイプ枕に眠人が乗っているのを見た。
パイプ枕の上をクンクンしはじめ、掘る仕草。
まさか…
止める間もなく、しゃがんでオシッコ!?
どうもこのパイプ枕の感触が、トイレの砂と似ていたようなのです。
枕の下の座布団にもオシッコが染みてしまいました。

次の日、パイプ枕は捨てることにして、座布団を洗いに行きました。
家の近くにコインランドリーがあって、大きい物が洗える洗濯機があります。
コインランドリーで洗ってしまうのって、次に使う人に悪いかな?
大丈夫だよね?きっと赤ちゃんのオムツだって洗ってるよね?
(今時、紙おむつだから洗わないというツッコミは無しの方向で)

洗ったあと臭いをかいでみたけれど、大丈夫そう。
でも、人には分からなくても、当の眠人には分かるらしく…
「おしっこのニオイがする〜ここはトイレ〜」のノリで、早速オシッコをされてしまいました。
ふぅ。
これは捨てないといけません。
座布団の下のカーペットまで染みてしまったかな。
何日か嗅いでみたけれど、その後は大丈夫そうでした。
 
 

オシッコ事件は引っ越しをしてからもありました。
メゾネットのアパートなので、1階と2階にトイレを設置。
夏もいることだし、2つあった方がいいだろうということもあって。
2階のトイレを、ロフトへ上がるハシゴの下に置いておきました。
ちょっと場所を変えようかなと思い、ハシゴの下にはバスケットを置き、
トイレを別の場所に移した矢先。
眠人はトイレがあった場所に置いたバスケットに入り、
「なんか変だけど、まいっか」てな顔をして、オシッコの体勢に。
み、眠人ぉ〜っ!!そこはトイレじゃないの〜っ!!
言いながら、私は勢いで眠人のオシッコを両手で受けていました。。。。
やっぱり、生温かい。。。
受けたからといって、そのままトイレまで零さずに行けるなんてことは不可能。
ごめんね。トイレを移動した私が悪かったヨ。
 

夏は、その点、そそうはしません。
ただ一度だけ、ハンディ掃除機で抜け毛を吸おうとした時。
だ〜りんが夏を抱きかかえ、私が掃除機を近づけた途端、
夏は怖がって大暴れし、オモラシしてしまいました。
よほど怖かったらしい。
ごめんね、夏。
 

(2003.10.21記)
 
 
 


 
 
 
 
 

【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース